呼吸測定の目的や方法について

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

目的

  • 呼吸器や循環器の状態を知り、異常を早期発見する
  • 呼吸の深さやリズム、呼吸の仕方を観察することで、患者の状態を把握する

手順 手技 方法

  1. 患者を臥床させ、変動因子の影響を少なくする
  2. 必要物品(時計、メモ帳等)を持って患者のもとへ行く
  3. すぐに教えず、患者が呼吸している状態を観察する
  4. 患者に気づかれないように、呼吸数を1分間測定し、呼吸の性状や型などについても観察する
  5. 看護記録に測定値、観察事項を記載し、体温表に黒色の鉛筆で記入する

注意点 留意点

  • 呼吸は随意的に変動させることが出来るので、リズムの速さに影響を与えないため、呼吸測定を患者に意識させない
  • 呼吸困難や呼吸数が1分間40回以上(成人)、8以下の場合は直ちに報告する
  • 他のバイタルサインとともに患者の状態を総合的に把握する
  • 座位で観察しにくい場合は仰臥位になると呼吸運動が見えやすい
  • 会話をすると計測しにくくなるため、必要時以外の会話はしない

観察項目 観察ポイント

  • 呼吸の深さ・リズム
  • 異常呼吸の有無
  • 胸郭の状態や表情
  • 患者の体位
  • チアノーゼの有無
  • 呼吸数
  • 胸郭運動の形および左右差
  • 顔貌
  • 楽に呼吸しているか
  • 苦しそうな呼吸をしていないか
  • 喘鳴を伴っていないか
  • 異常呼吸の有無
  • 患者の訴え
  • 呼吸の性質とその型
  • 呼吸異常時は呼吸困難、努力性呼吸の有無を確認する
  • 呼吸音を聴取する場合は,前胸部,背部とともに左右対称に聴診する


正常値

成人:16~20回/分
学童:20~25回/分
幼児:20~35回/分
乳児:30~40回/分
新生児:40~50回/分


異常呼吸の種類

頻呼吸:呼吸数24回/分以上で呼吸が浅くなるもの。
徐呼吸:呼吸数12回/分以下で、呼吸の深さが増加することが多いもの。
過呼吸:回換気量の増大した呼吸の状態。深い呼吸。
低呼吸:1回換気量の減少した呼吸状態。睡眠中にみられる呼吸。
多呼吸:呼吸数も深さも増加した呼吸。
少呼吸:呼吸数も深さも減少した呼吸。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました