喘息患者の看護

この記事は約1分で読めます。

看護目標

  • 呼吸困難が緩和される、必要な換気が保たれる
  • 必要なQOLが保たれる
  • 疾患に対して理解ができる
  • 再発が予防できる

観察

  • 喘鳴の有無と程度:湿性ラ音、狭窄音
  • 呼吸状態:回数、深さ、呼吸の延長、発作の状況、前駆症状、鼻翼呼吸、陥没呼吸、肩 呼吸、咳嗽、喀痰の性状(感染時は黄色・膿性)、夜間や早朝の咳、呼吸困難の有無
  • 全身状態:バイタルサイン、チアノーゼ、顔色、冷汗、SpO2、意識状態(不穏、錯乱)
  • 誘因(アレルゲン・気温・食事・運動・精神的不安など)
  • 夜間の睡眠状況
  • 検査データ

ケア

  1. 規則的な生活習慣の確立、生活環境の確立、生活環境改善や家族指導を行う
  2. 自己判断で治療を中止したり、薬剤の過剰使用をすることは喘息の大発作を誘発し、致死的となることもあるため、喘息に対する正しい認識をもたせ、気道感染の予防に努める
  3. 毎日の症状や使用した薬の量・回数、ピークフロー値を記録するよう指導する
  4. 発作が起こったときの準備を指導する。携帯用の吸入器と薬の所持
  5. 発作予防として誘因の除去を図るよう指導する。さらに精神的ストレスも発作の引き金となりうるため、ストレスを受けないよう指導することも重要である

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました