胆石症患者の看護

この記事は約1分で読めます。

目標

  • 腹痛、発熱、悪心が軽減し、苦痛が緩和できる
  • 合併症の発症をなくすことができる
  • 心配事がある場合に看護師に相談することが出来る

観察

  • 腹痛、黄疸、悪心・嘔吐などの消化器症状の程度と随伴症状の有無
  • ショック症状の有無
  • 環境条件

ケア

  • 腹痛や発熱、悪心による苦痛の緩和に努め、冷罨法や解熱鎮痛薬や制吐薬を使用する
  • 合併症の早期発見に努める
  • 絶食とする(症状が緩和したら低脂肪食を開始する)
  • 指示により点滴、抗生物質の管理を行う

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました