胃・十二指腸潰瘍:ゴードン11項目のアセスメント解答【胃潰瘍、消化性潰瘍編】

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

事例紹介

Lさん55歳男性。

診断名:十二指腸潰瘍。

51歳十二指腸潰瘍既往あり。

職業:会社員(係長)。

家族構成:妻(52歳・専業主婦)、長男(24歳・社会人)、次男(19歳・大学生)と4人暮らし。

性格:完璧主義でストレスに弱い性格。

嗜好喫煙:25歳から25本/日、飲酒ビール600mL×4本/日。

趣味:釣り。

入院までの経過

51歳の時に十二指腸潰瘍のため、内服治療を受けた。

53歳で係長に昇進し、仕事は忙しさが増し残業も多くなったが、部下の成長を見るのがやりがいを感じていた。

空腹時に上腹部痛を感じたが、食後に治まったため気にしていなかった。

休日は釣りに行き、好物の油揚げやウイスキーでストレスを発散していた。

5月から朝6時半に自宅を出て帰宅は23時を過ぎることも多くなった。

朝食は自宅で摂るが、昼食・夕食は外食が多く、仕事の合間にはコーヒーをよく飲んでいた。

10月に入ると夜間にも上腹部痛があり、覚醒することが増え熟睡感がなくなった。

10月末に便が黒っぽいことに気づき食欲も低下したが、仕事が忙しく休みが取れず受診できなかった。

11月5日深夜、上腹部に激痛があり、冷汗が出て我慢ができなくなり、妻が救急車を呼び病院に搬送された。

腹部触診により、筋性防御・ブルンベルグ徴候を認めた。

腹部X線で腹腔内遊離ガスを認め、十二指腸潰瘍による穿孔の疑いがあり、緊急手術が行われた。

手術では十二指腸潰瘍の穿孔が確認され、穿孔部分の修復が行われた。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、看護過程や紙上事例のアセスメント、実習記録について悩んでいませんか?
もし不安や疑問があれば、看護学生宿題代行サービスがお手伝いいたします。
私たちのサービスを利用すれば、解決策がすぐに見つかりますよ^^
下記の公式LINEからお気軽にご相談ください。
わからないことがあれば、すぐにお答えできるように対応いたします。
どんな質問でもお待ちしておりますので、安心してご連絡ください。
皆さんの学びのサポートができることを楽しみにしています!

 

術後の経過

手術は無事終わり、Lさんは回復が順調であった。

医師からは喫煙と飲酒の制限、適度な運動、ストレスの軽減、食生活の改善が指導された。

また、適切な休養を取ることや、定期的な健診も勧められた。

Lさんはこの経験を機に、自分の健康を大切にする意識が高まり、生活習慣を見直すことを決意した。

家族のサポート。

Lさんの家族も、彼の回復を助けるために、健康的な食事の提供や、一緒に運動をすることでサポートを行った。

また、家族とのコミュニケーションが増えることで、Lさんのストレスも軽減されるようになった。

職場の対応

Lさんが入院中、職場では彼の仕事を部下や同僚が分担し、会社も仕事の調整を行った。

退院後、Lさんは会社と相談し、勤務時間の短縮や残業の制限が実施された。

また、部下や同僚とのコミュニケーションが増え、仕事のやり方や働き方について改善が進んだ。

1年後の経過

Lさんは家族や職場のサポートもあり、生活習慣の改善に成功し、喫煙や飲酒も減らすことができた。

また、適度な運動やストレス管理、健康的な食生活を続けていることで、再発のリスクも低減されている。

定期的な健診も受けており、現在も健康状態は良好である。

胃・十二指腸潰瘍の病態生理とその対処法

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、両方とも消化性潰瘍と呼ばれています。

消化性潰瘍は、胃や十二指腸の壁が胃酸で消化され、傷ついて穴が開く状態です。

胃は、食物を消化するために内部が強い酸性に保たれている一方、この酸から胃自身を守るために、表面に防御機構が備わっています。

これまで、胃酸などの「攻撃因子」と胃の壁を守る「防御因子」のバランスが崩れることで潰瘍が発生するとされてきました。

近年では、ヘリコバクター・ピロリという細菌が潰瘍の発生や再発に関与していることが明らかになっています。

消化性潰瘍は、胃液の作用を受ける胃および十二指腸に発生しやすいですが、食道や空腸にも見られることがあります。

特に胃潰瘍は、幽門腺と胃底腺の境界部付近に好発します。

また、胃潰瘍は50歳代に、十二指腸潰瘍は40歳代に最も多く、男性は女性よりはるかに多いです。

症状は、食事に関係する心窩部痛、いわゆる「みぞおち」の痛みが代表的です。

胃潰瘍では空腹時や夜間に多く、食事をすると一時的に痛みがおさまることがありますが、しばらくすると再び痛みが起こることもあります。

十二指腸潰瘍では空腹時が特に多いです。

その他、悪心・嘔吐、上腹部不快感、食欲低下、背部痛などもみられます。

傷が深かったり、血管が表面に出てくると、潰瘍から出血が起こり(出血性潰瘍)、血を吐いたり(吐血)、便が黒くなったりします(タール便)。

また、深いと穴が開いてしまうこともあります(穿孔)。

高齢になると痛みを伴わない場合もあり、注意が必要です。

消化性潰瘍の原因

潰瘍は、一般には急性潰瘍と慢性潰瘍に分けられます。

急性潰瘍は、ストレスや薬剤、刺激性の食物、タバコやコーヒー、アルコールなどによって起こる場合が多く、季節の変わり目や仕事や家庭などの環境変化がきっかけとなることもあります。

原因となる薬は、痛み止めや解熱剤として使われる「非ステロイド性消炎鎮痛剤」が代表的ですが、ステロイド、抗生物質、さらには市販の感冒薬でも起こすことがあります。

急性潰瘍は比較的軽い症例が多く、再発はほとんどありません。

これに対し、慢性潰瘍の程度は様々で再発も多く、従来「潰瘍症」とも呼ばれてきたもので、先に述べた攻撃因子と防御因子のバランスの崩れや、精神的なストレス、ピロリ菌などが複雑に関与しています。

健康知覚-健康管理パターンのアセスメント(ゴードン11項目)

健康な消化管粘膜は胃液による自己消化作用から守られています。

しかし、防御因子と攻撃因子のバランスが破綻すると、十二指腸粘膜が胃液の作用によって消化され、粘膜筋板を超えた組織の欠損が起きます。

それらの誘因としては、食べすぎ、不規則な食生活、アルコール、タバコ、コーヒー、ストレスが挙げられます。

Lさんは、それらの誘因をすべて持っており、発症に至っています。

十二指腸潰瘍の症状は心窩部痛、悪心・嘔吐、食欲不振です。

特に空腹時の痛みを伴い、出血があれば吐血やタール便などの症状が現れます。

Lさんは51歳時に十二指腸潰瘍の既往があり、55歳で空腹時・夜間の上腹部痛、食欲不振、タール便をきたし、救急搬送にて入院となっています・・・・・・続きを知りたい方は以下のサービスをご利用ください。

看護学生宿題代行サービスのススメ

看護学生宿題代行サービスは多くの看護学生が利用しているサービスです。

無料査定を実施しており、どんな方でも依頼できます。

少数精鋭で運営しているため、依頼が混雑している時期は受付ができない可能性があります。

そのため、依頼はお早めにお願いします。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました