おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

不安定狭心症 ゴードン11項目 アセスメント【看護過程】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

A氏、54歳、男性

診断:不安定狭心症

職業:佐川急便勤務

家族構成:4年前に結婚、40代の妻(専業主婦)と2歳の娘と生活。他県には両親と妹(夫と3人の子供あり)が居住。

入院前の症状の経緯

53歳を過ぎたあたりから、労働中に胸の圧迫感が生じ始める。

休息を取ると症状は収まるため、特に対処せずにいた。

ある日、通常通り出勤し、車に荷物を積み込んでいる際に、胸の中央に締めつけ感と左肩の痛みが11分間続く。

これまでに体験したことのない種類の痛みであったため、同僚に相談。

結果、119番通報され病院へ救急搬送される。

救急車内では胸の締めつけ感や左肩の痛みは消えていた。

モニター心電図ではST変化は確認されない。

前年から、安静時の左肩痛を感じることがあり、肩こりが悪化していると考え、サロンパスを用いて対処していた。

入院時の状況

JCSスコア:0、心電図の検査とモニター心電図を装着。

脈拍:分間71-81回、洞調律で不整脈は見られず。

胸の圧迫感や左肩の痛みはない。

心電図でのST低下も確認されず。

体温36.8℃、呼吸数は分間21回で安定、肺音は正常で副雑音はなし。SPO₂97%。

血圧:右上肢149/79、左上肢147/75。

医師の指示により、O₂2ℓカニューラを開始し、左前腕部に点滴用の血管を確保して採血を行う。

その後、胸部レントゲン、心エコー、心臓CTの検査を実施。

胸部X線写真に異常なし。

心エコーではEF61%で壁運動異常はない。

医師からは不安定狭心症の疑いがあり、入院が必要との診断を受ける。

不安定狭心症とは

不安定狭心症は、冠動脈が完全には閉塞していないが、狭窄部位にプラーク(血管内の脂肪性の塊)が存在する状態。

このプラークにより、血管が閉塞するリスクが高い。

心筋梗塞の前段階とされる。

心筋梗塞へ進行すると、突然死の危険性が非常に高くなる。

そのため、早急な治療と対応が必要な疾患。

1.健康知覚-健康管理のアセスメント

A氏の狭心症の原因には、生活習慣病の影響や喫煙、過度の飲酒、ストレス、遺伝的素因が関係している。

A氏は過剰な塩分と脂質の摂取、不規則な生活リズム、運動不足といった狭心症発症の危険因子を多く抱えていた。

さらに、会社の健康診断で高いコレステロールや中性脂肪、尿酸値、血圧が指摘されたが、症状がなかったため、受診を怠っていた。

52歳を過ぎてから労作時の胸の圧迫感や安静時の左肩痛を感じ始めたが、これらの症状を放置し、適切な対処をしていなかった。

入院後も、自己の疾患や治療の重要性を十分に理解しておらず、不適切な行動が見られた。

A氏はPCI(経皮的冠動脈インターベンション)後、動くことを恐れて適切な水分摂取や活動を避けているが、これは狭心症の再発や合併症のリスクを高める。。。。続きはコチラへご相談下さい‼

看護過程が難しいと感じたら

不安定狭心症の看護過程に関する学習は、教科書や参考書のみでは十分な理解を深めるのが難しいという現状があります。

この状況で重要となるのが、臨床現場での経験を持つ専門家によるアセスメントの知識です。

特に、学生の方々にとっては、このような実践的な知識を習得することは困難です。

そのため、看護学生宿題代行サービスでは、専門知識を持った看護師があなたの代わりにアセスメントを行うサポートを提供しています。

実践経験豊富な看護師からの具体的なアドバイスは、あなたの学習に大きな助けとなるでしょう。

サポートをご希望の方は、以下のボタンからお申し込みください。

専門家による質の高いアセスメントを通じて、不安定狭心症の看護過程についての理解を深めるチャンスをぜひご利用ください。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました