おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

統合失調症 ゴードン アセスメント 解説

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

患者:A氏、男性、26歳

診断:統合失調症

既往歴:なし

アレルギー・感染症:なし

職業:ラーメン屋でのアルバイト

家族歴:

生活環境:母親、祖母との3人暮らし(父親は他界)

母親の健康状態:病弱

家族構成:近所に住む叔父がいるが、精神障害の家族歴はなし

兄弟姉妹:なし

発達歴:

幼少期:幼稚園での通園を嫌がりがち

学生時代:部活動には参加せず、友達は少ない。

新しい環境に馴染むのが苦手

能力・特性:

日常生活・社会生活:影響なし

知覚:幻聴・被害妄想あり

性格:おとなしい、非社交的、緊張しやすいが、優しく攻撃性はない

社会的背景:

経済状況:生活保護、障害年金受給、精神障害者保健福祉手帳保有

趣味:音楽鑑賞(サザンオールスターズを聴いている時はリラックスしている)

病歴:

高校卒業後の進路:調理師専門学校(入学後の友人関係の問題で登校困難に)

症状発症:18歳で幻覚・妄想出現

初診:母親の付き添いで精神科受診、統合失調症診断

退院後:叔父の飲食店で皿洗いのアルバイト

自立生活:25歳で単身生活開始、服薬中断により症状再燃

3度目の入院:24歳、入院形態は任意入院、2年経過

統合失調症とは

統合失調症は、知覚、思考、感情意欲、認知機能などの多くの精神機能の障害を引き起こす病態です。

症状は主に以下の3つのカテゴリーに分けられます。

陽性症状:

幻聴や被害妄想など、現実には存在しない体験や思考が特徴です。

これらは急性期に特に顕著で、患者は不安や恐怖を感じ、周囲との安心感を失います。幻覚や妄想により、患者は孤独や無力感を強く感じます。

陰性症状:

感情の鈍化、自発性の低下、社会的引きこもりなど、元気や活力の減少が特徴です。

これらは回復期に顕著になり、患者の日常生活や社会的交流に大きな影響を与えます。

認知機能障害:

記憶、注意、実行機能の障害により、日常生活の遂行が困難になります。

問題解決や柔軟な対応が難しくなり、自信を損なう原因になります。

慢性期には、陰性症状が主体となり、幻覚や妄想は軽減することがありますが、完全には消えない場合もあります。

この状態では、患者は幻覚や妄想の世界と現実との間で折り合いをつけながら生活していることがあります。

ゴードン11項目のアセスメント(健康知覚・健康管理パターン)のヒント

これまでの健康に関する認識:

A氏は○歳の頃から幻覚・妄想が始まり、被害的な言動が見られました。

精神科病院で統合失調症と診断されました。

○歳で単身生活を始め、服薬を中断し、その結果症状が再燃しました。

○歳の時に○回目の入院をし、その後○年が経過しました。

A氏は薬の重要性を理解していたものの、薬の管理には問題があると言えそうです。

現在の健康に関する認識:

A氏は薬を飲む必要性を認識していますが、現在の薬が効果的かどうかに疑問を持っています。

病識が未だに不十分であり、服薬の必要性を完全に理解していません。

このままでは、退院後に服薬を怠り、精神症状が○○する可能性があります。

健康管理状況:

現在、A氏は薬の自己管理を行っていますが、時々飲み忘れることがあります。

飲み忘れがある時は看護師に相談していますが、まだ完全に自己管理できているわけではありません。

統合失調症に伴う認知機能障害が自己管理の困難を引き起こしている可能性があります。

また、過去の怠薬歴により再入院した経験があり、自己管理に自信が持てない状況です。

退院後も服薬忘れや怠薬が生じる可能性が高く、再入院のリスクがあります。

統合失調症のアセスメントに悩んでいる学生さんへ

看護学生の皆さんにとって、統合失調症の理解は特に難しい領域の一つです。

多くの学生さんは精神科病院での実務経験がなく、将来的にその経験を積む機会も限られているかもしれません。

このため、学校で学んだ知識を臨床現場で活用するのが難しいと感じている方も少なくありません。

よって、統合失調症の看護過程は、多くの学生にとって悩みの種です。

そんな時は、看護学生宿題代行サービスのサポートを利用してみてはいかがでしょうか?

専門的な知識を持つ看護師が、あなたの学びや課題について一緒に考え、支援します。

もし興味があるなら、LINEでお気軽にご相談ください。

もちろん、相談は無料です。

あなたの学習の手助けとなれば幸いです。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました