おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

乳頭トラブルを生じた褥婦の看護【看護過程アセスメント】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
top

患者プロフィール:

35歳の看護師、30歳で結婚。

楽観的で寛大な性格。

産休と育休で1年間休暇予定。

健康状況:身長161cm、非妊娠時体重51kg、B型Rh(+)、喫煙なし、社交的な飲酒のみ(妊娠以降は無し)。

生活状況:市内の一軒家に住む。

通勤に車で20分。

実家近くで退院後に母がサポート予定。

家族構成:

夫(36歳会社員、健康状態良好)、5歳の長女。

夫が週末やBさんの夜勤時に長女の世話をする。

妊娠と受容:

職場環境のため希望より遅れて妊娠。

最初は1人っ子でも良いと考えていた夫も現在は妊娠を喜んでいる。

褥婦の心理状態についてのアセスメント

産褥3日目のBさんは、ルービンの三段階モデルで二段階目に位置すると考えられる。

第2子であることからか、産褥初日から子供の世話を積極的に行っており、保持期に早期に進んでいる様子である。

不安の表明はないものの、疲労感や休息、睡眠の質について聴取し、心身の負担が過重にならないよう注意深く観察する必要がある。

また、Bさんは現時点でマタニティブルーズの兆候は見られていないが、長女に会えない寂しさを訴えているため、精神的な落ち込みの有無を確認することが重要である。

ルービンの三段階についての解説:

受容期(分娩後24~48時間)

褥婦は自身の基本的欲求(安楽、休息、食事など)に焦点を当てる

身体的疼痛(会陰部の痛み、後陣痛など)の緩和が重要

新生児との面会や家族との関係も重要だが、主に受身的で依存的

分娩体験の統合が行われ、生まれた子供と自分が別の存在であることの認識が進む

保持期(出産後2~3日から10日頃)

褥婦は依存状態から自立的、自律的な状態へ移行

自身の身体とニーズのコントロールが進み、児に対する関心が高まる

児の特徴や行動に注目し、育児への準備と学習が始まる

母親としての能力に対する不安や無力感を表現しやすい時期

解放期(母親としての適応期)

妊娠中のイメージから現実の子供への受容と適応が進む

母親は児の状態に敏感になり、相互作用が展開される

母児間のニーズ合致のための相互調整が継続

マタニティーブルーズについての解説:

分娩後のホルモンバランスの変動による内分泌環境の変化が原因

産後の女性の約30-50%がマタニティブルーズを経験

産後数日から2週間で涙が止まらなくなるなどの情緒不安定な症状が見られる

症状は一過性で、産後約10日で軽減することが多い

症状が長引く場合は産後うつ病への移行の可能性があり、助産師や医師への相談が推奨される

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました