おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。カンサポさんはとても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

陣痛が起こる原因、症状など3つのまとめ

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
top

陣痛とは

陣痛とは不規則に周期的に反復して起こる子宮体筋の収縮のこと。

陣痛は胎児や付属物を子宮から娩出する原動力であり、
分娩を終了するために起こる生理現象。

陣痛発来は、不規則だった子宮収縮が規則的に(およそ10分ごと)起こるようになったものをいい、
陣痛発来をもって分娩開始となる。

陣痛が起こる原因

陣痛はふつう、出産予定日の前後2週間以内に始まる。
陣痛発来には以下に示す要因が関係している。

  1. 物理的要因:退治先進部による子宮頸部の神経の圧迫、子宮の進展による反射。
  2. 化学的要因:胎盤血流中の酸素濃度低下、母体血液中の化学物質による刺激。
  3. 生物学的要因:胎盤の機能低下、脱落膜の変性。
  4. 内分泌的要因:オキシトシンやプロスタグランジンなどの性ホルモン・サイトカインの採用により子宮収縮が起こる。また、妊娠末期になると、胎児の副腎機能に変化が起こり、胎児由来のステロイドホルモンの作用により、子宮頸管の熟化やオキシトシン感受性が高まる。

陣痛の症状

  • 胸・腹部の圧迫感が減る
  • 胎動が減り、子宮が下がったように感じる
  • 腰が張って痛くなる
  • 下腹部や児頭で圧迫されているのを感じる
  • 尿意・便意に敏感になる
  • 膣分泌物が増える
タイトルとURLをコピーしました