子宮収縮剤による陣痛の促進のケア方法、目的、適応。

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

オキシトシン、プロスタグランジンを使用して行う陣痛の促進方法のことである。

適応条件

子宮収縮剤の適応は以下の場合による

胎児側因子

  • 児の救命のために新生児治療を必要とする場合
  • 絨毛膜羊膜炎
  • 過期妊娠またはその予防
  • 糖尿病合併妊娠
  • 胎児発育不全
  • 巨大児が予想される場合
  • 子宮内胎児脂肪

母体側の因子

  • 微弱陣痛
  • 前期破水
  • 妊娠高血圧症候群
  • 墜落分娩予防
  • 妊娠継続が母体の危険を招く恐れがある場合

ケア方法 手順

  1. 胎児心拍陣痛モニターで胎児のreassuring fetal statusの確認をする。
  2. 静脈内留置針を挿入するため、輸液ポンプ、点滴ボトル、ルート、留置針、固定テープ、駆血帯、注射枕などの必要物品を用意する。
  3. 輸液ポンプを使用し、規定の投与量に従って薬液を増量していく。
  4. 胎児心拍陣痛モニターと腹部触診による陣痛、産婦の状態、内診所見とあわせて分娩進行を把握する
  5. 母体のバイタルサインチエックも1時間毎におこなう
  6. 胎児心拍陣痛モニターで、過強陣痛と胎児機能不全の出現の有無に注意
  7. 有効陣痛がみられたら、医師に伝達、投薬の指示をまつ

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました