心筋梗塞患者の看護

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標

  • 安静の必要性と具体的な行動範囲が理解でき、守ることができる。
  • 不安が軽減できる

観察

  • 心電図の変化、不整脈の有無
  • バイタルサイン、血圧、脈の変化、呼吸状態、発熱の有無
  • 胸痛の程度、部位、持続時間、ニトログリセリンの効果
  • 水分出納バランス
  • 循環動態の変化

ケア

  1. 発作後早期は合併症予防のため、安静酸素投与などを行い、心負荷を軽減する
  2. 不整脈、心不全、心原性ショックの早期発見、早期対処に努め、心電図モニター、バイタルサイン、水分出納のチェックを行う
  3. 不動に伴う二次的な障害(静脈血栓症、誤嚥性肺炎、褥創等)を予防する
  4. 日常生活動作の自立を目指し、退院後も定期的に通院するよう指導する

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました