オムツ交換の目的や方法、注意点など

この記事は約2分で読めます。

目的

  • オムツを装着することにより、ADLの拡大がはかられ、安心して生活できる
  • 周囲の汚染を防ぎ、衛生的な生活が保てる

注意点 留意点

  • 患者から排泄したと訴えがあった場合や排泄臭がある場合などは速やかにオムツの汚染を確認し、交換の準備をする
  • 患者もしくは家族にオムツ交換の必要性、体位、方法を説明し、承諾を得る
  • オムツへの排泄は自尊心を傷つけること、また、外陰部を露出する介助は羞恥心を伴うことを念頭に置き、患者の気持ちを十分に配慮した援助を行う
  • カーテンやスクリーンを使用するなど、プライバシーを保護する

手順 手技 方法

排泄のみの場合

  1. 看護師は利き手側のベッドサイドに立つ
  2. 患者を仰臥位にする
  3. 利き手で衣類を下げる
  4. 殿部の下に処置用シーツを敷く
  5. 汚染したオムツを汚染した部分を内側に巻き込み、取り除く
  6. 患者に側臥位になってもらい、陰部、殿部の分泌物や汚れを蒸しタオルなどで拭く
  7. 患者の体位が安定するように患者にベッド柵を持ってもらう
  8. 蒸しタオルで拭いた後、水分が残らないように乾いた布で拭く
  9. 側臥位のまま新しいオムツを半分丸めてあて、反対方向の側臥位にさせながら全体を装着する
  10. または仰臥位に戻し、腰を少し浮かせながら新しいオムツを殿部の下に入れ込み装着する
  11. オムツの位置も確認し、必要時、オムツカバーをつけ、衣類を装着する

排便の場合

  1. 看護師は利き手側のベッドサイドに立つ
  2. 患者を仰臥位にする
  3. 利き手で衣類を下げる
  4. 殿部の下に処置用シーツを敷く
  5. 外側から陰部、殿部に向かってトイレットペーパーやお知り拭き用の布などで身体に付着した便を拭き取ってゆく
  6. 便がこぼれないように汚染したオムツを徐々に内側に巻き込み、腰を少し浮かしてもらいながらゆっくり引き抜く
  7. 便器を挿入し、微温湯または石鹸を用いて陰部洗浄を行う
  8. 皮膚に水分が残らないように乾いた布で拭く
  9. 新しいオムツを殿部の下に敷き、適切に装着する
  10. オムツの位置を確認し、必要時オムツカバーをつけ、衣類を装着する

観察項目 観察ポイント

便の性状・量 皮膚の状態 褥瘡 発赤 発疹 掻痒感 皮膚乾燥 湿疹 

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました