変形性膝関節症患者の看護

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標(術前)

  • 疾患、手術に対する不安が軽減され手術に向けて精神的準備ができる
  • 苦痛の軽減を図り、安全、安楽に入院生活を送ることができる
  • 全身状態の評価により、術後合併症を予測し手術に対する身体的準備ができる
  • 家族の精神的慰安に努める

観察(術前)

  • 疾病、術前検査、手術に関する患者の情報量とその理解度
  • 表情、言語、態度の表出状況と不安の程度の関係
  • 食欲、食事摂取状況
  • 身体症状の有無と程度
  • 睡眠状況
  • サポートシステムの状況
  • 性格
  • 対処行動と対処能力

ケア(術前)

  • 患者が術後の状態を具体的にイメージできるように説明する。特に術後の安静期間、体位、排泄方法、安静拡大後の移動方法(車椅子、杖)などについて指導し、その重要性、必要性を認識できるように働きかける
  • 医師の説明で理解不足の内容があれば追加説明し、納得して手術が受けられるようにする
  • 不安な状態を表出してもいいことを伝え、不明なところは質問できるように促す

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました