麻疹患者の看護

この記事は約1分で読めます。
  • 寒冒様症状出現から発疹出現後までが感染危険期間で潜伏期間は9~12日であり、感染経路は空気感染である。
  • 部屋をやや暗くし、安静に休ませる
  • 保温に気をつけるが特に温める必要はない
  • 皮膚の清潔を保ちビタミンの豊富な食事を与える
  • 2次感染や合併症を起こさないように気をつける。院内感染を避け、他児にγグロブリンを投与すると効果がある
  • 感染予防と潜伏期間から感染源に接触したグループの発症時期を予測し、院内感染を予防する

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました