レビー小体型痴呆患者の看護計画

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

看護目標


1.転倒しない
2.与薬量、内服時間を守ることができる
3.定期的に排便できる
4.ルート類を自己抜去しない

問題点


#1.転倒リスク状態

目標:転倒しない

#2.痴呆症状に関連した
ノンコンプライアンス

目標:与薬量、内服時間を守ることができる

#3.排便の変調:便秘

目標:定期的に排便できる

#4.身体損傷リスク状態

目標:ルート類を自己抜去しない

看護計画

O―1.活動状況の把握
1)生活リズムを知る
・排泄パターン
・睡眠状況
   2)運動障害の把握
・固縮,振戦の有無、状態
・姿勢
・歩行状態
  2.認識状態、理解能力
T-1.必要時介助をする
  2.環境整備をする
  3.センサーマット・離床センサー・車椅子型センサーを用意
する
  4.トイレ誘導を患者に合わせて行う
E-1.必要時ナースコールを押すように指導する
  2.スリッパを使用せず靴をはくように指導する
O-1.内服時間の確認
  2.与薬量の確認
  3.理解力、認知力の程度
  4.痴呆症状
  5.バイタルサイン
  6.薬効の観察
T-1.内服したことの確認
  2.理解力、認知力の程度により薬を看護師が管理する
E-1.内服の必要性の説明
O―1.排便の量、回数、性状、便秘、下痢傾向の観察
  2.緩下剤、坐薬使用の有無
  3.腹満、腸蠕動、排ガスの有無
  4.活動量
  5.食事摂取量、水分摂取量
T-1.腹部マッサージ
  2.温罨法
  3.1日最低水分量の摂取
  4.活動量を増やす
  5.排便がない時は摘便、坐薬、浣腸を併用する
E-1.水分摂取の必要性を説明する
O-1.意識状態
  2.幻視・幻覚の有無(具体的な言動の内容)
  3.上肢の動き
  4.ルートトラブルの有無
T-1.ルート類はできるだけ手の届かない位置にする
  2.頻回に観察する(ナース・ステーションに近く、観察できる部屋を考慮する)
  3.必要時ミトン・抑制帯を使用する

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました