心不全患者 ゴードン11項目のアセスメントと実施・結果・評価 看護診断.pdf

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
看護学生宿題代行サービス

心不全患者 ゴードンの看護過程.PDFのダウンロード

心不全患者のアセスメント・・・・難しいですよね??

こんなに難しい課題が学校から出題されて・・・・しかも11項目だなんて・・・・

考えただけでも吐き気が・・・・

でもご安心ください、ここに解答があります。

今回は実習で心不全患者受け持った際に看護学生の書いたゴードン11項目のアセスメントと実際の関わりをまとめたPDFをご紹介します。

心不全とは・・・・

心不全とは、さまざまな原因により、

心臓のポンプ機能低下、

心拍出量の低下や末梢循環不全、

肺や体静脈系のうっ血をきたす病態をいいます。

原因疾患として、虚血性心疾患、高血圧、弁膜症、心筋症などがあります。

また、ほとんどの心疾患が心不全に至る可能性をもっています。

ちなみに、心不全は病態(症候群)であり、疾患名ではありません。

心不全には、進行速度による分類(急性心不全、慢性心不全)、 低下する心機能による分類(収縮不全、拡張不全)、 症状や身体所見による分類(左心不全、右心不全)があります。

心不全は、退院後1年以内の再入院率が高く、

心不全増悪の誘因には、心筋虚血や不整脈などの医学的因子だけではなく、塩分・水分管理、服薬管理などの不徹底、過労など、

自分で予防することができる因子が上位を占めているといわれています。

なので、病状の維持・改善ならびに悪化予防のために必要な日々の

  • 心不全症状・徴候のモニタリング
  • 服薬適度な運動
  • 感染予防
  • アルコール制限
  • 禁煙

さらに、心不全増悪の症状や徴候が認められた場合には、

  • 早期発見
  • 適切な対処行動その
  • 対処行動の評価

上記が重要であり、心不全患者さんがそれらのセルフケアが実践できるよう支援する必要があります。 また、近年、心理・社会的要因が心不全の患者さんの予後に関与することも注目されています。

>>心不全患者 ゴードンの看護過程をダウンロード

アセスメント

ご購入で11項目全てが閲覧できます。



実施・結果・評価

>>心不全患者 ゴードンの看護過程をダウンロード

 

 

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました