おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

川崎病患児 ヘンダーソンの看護過程(アセスメント)を解説します!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

患者名:Bちゃん

年齢:3歳

性別:男の子

クラス:保育園の年少さん

診断:川崎病

入院日:令和6年7月9日

出生後の成長記録(母子手帳より):

首が座る:4ヶ月
寝返り:7ヶ月
ハイハイ開始:7ヶ月
つかまり立ち:10ヶ月
単独での歩行:1歳3ヶ月

言語発達:

最初の言葉:「マンマ」
言語はまだ喃語の段階

保育園での健康診断:

身長:88.0cm
体重:13kg

既往症:なし

家族構成:

父:36歳、会社員
母:33歳、会社員
兄:5歳、保育園年中組
家族は4人で、祖父母が近くに住んでいる。

性格:

明るく、活動的

趣味・好きな遊び:

プラモデルやブロック遊びが好き
電車を見ること
兄弟と一緒にプラレールで遊ぶ

基本生活習慣の自立状況:

食事:

保育園では幼児用の食事をとっているが、家では大人と同じ主食を食べ、副菜は細かく切られている。
スプーンやフォークを使用(箸はまだ遊び程度)

排泄:

トイレトレーニング中
夜間はおむつを使用し、時折夜尿症がある
一日に8~11回の排尿
一日に1回の排便(トイレに誘導はされるが、自分で後始末はできない)

睡眠:

起床は8時、就寝は10時半
保育園では昼寝をしている

衛生:

保育園でのうがいや手洗いは監視下で行っている
父母のどちらかと毎日入浴
歯磨きは親が手伝っている(模倣レベル)

日中の活動:

保育園では他の子供たちと積極的に動き回っている
ブロック遊びを好む
様々な玩具で遊んでいる。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


川崎病患児のヘンダーソンアセスメントを解くためのポイント!

まずは幼児期の成長と発達の理解しましょう

幼児期の発達段階について、形態的、心理的、社会的側面を含めて詳しく学びましょう。

それぞれの発達段階に応じたアプローチが求められますので、患児の現在の段階を把握することが重要です。

急性期の川崎病の病態を理解し、身体症状を適切にアセスメントしましょう

川崎病の急性期の病態に関する知識を深め、潜在的な合併症に注意を払いながら、患児の身体的な状態を観察しましょう。

言葉での表現が難しい幼児期においては、非言語的なサインも重要な指標となります。

精神的苦痛の評価と適切な関わりを心掛けましょう

幼児期の患児が体験する可能性のある精神的苦痛を敏感に察知し、安心感を提供する環境作りや、適切なコミュニケーションに努めましょう。

活動の制限を理解し、成長と発達をサポートする取り組みを考えましょう

病気や治療による活動の制限を踏まえ、患児が健やかな成長と発達を続けられるよう、適切な刺激や関わりの提供を計画しましょう。

日常のルーティンや活動に対する影響を最小限に抑え、心理社会的なニーズに応える活動や遊びを提供することも大切です。

看護の宿題、溜まっていませんか?川崎病の子どものケア、難しいですよね。心配ありません、プロにお任せください!

実は、小児看護、他の看護よりずっと難しいんです。

一人で悩むより、専門家の助けを借りましょう。

ひとりでできないことも、プロなら一緒に解決できます。

特に、子どものケアの経験が少ないとなおさら。

だから、思い切って誰かに助けを求めるのも一つの手ですよね。

看護学生宿題代行サービスなら、小児看護のプロがあなたを完全サポート。

困った課題も、一緒にクリアできます!

さあ、気軽にLINEから相談してみませんか?無料ですよ!登録はこちらから、お待ちしています!

タイトルとURLをコピーしました