おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

心不全 ヘンダーソン アセスメント解説【看護過程 紙上事例】

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

氏名:A氏

性別:男性

年齢:56歳

住居:3階建て戸建て

職業:会社役員

保険:社会保険

家族:妻(51歳、パート)、長男(24歳、会社員、同居)、長女(22歳、大学生、隣県在住)

性格:神経質(妻からの情報)

血液型:A型

アレルギー:無し

視覚障害:老眼

老眼鏡使用、その他の聴覚障害・感覚障害・自助具:無し

<生活行動>

呼吸:移動時の息切れあり、日常生活では息切れなし

飲食:1日4回、妻が作る食事、心筋梗塞後薄味、週に2回程度の会食

排泄:日に8回の排尿、日に2回の排便

姿勢:歩くこと多い(仕事、ゴルフ)、ゴルフ時カート使用

睡眠:睡眠時間7時間、熟眠感あり

衣生活:就寝時パジャマ着用、普段はきちんとした服装

体温:平熱36.6度前後、自宅はエアコンで温度調整

清潔:皮膚・毛髪・爪等清潔、1日1回入浴、身だしなみを整える

環境:自宅に空気清浄機、感染対策、自宅・職場の環境で危険物なし、人と会う時にマスク着用

コミュニケーション:話好き、妻とは何でも話せる関係

信仰:先祖代々の墓が寺にある

達成感・充実感:仕事にやりがいあり

遊び・レクリエーション:趣味はゴルフ

学習:過去3回の入院で生活指導受ける、心筋梗塞後から生活習慣を変える努力をしている

心不全のメカニズム

病態生理

心不全は、心臓のポンプ機能が低下する状態を指します。これは、心臓に生じる器質的または機能的な異常により起こり、心ポンプ機能の代償機転が破綻する結果、様々な症状が現れます。これには、呼吸困難、倦怠感、浮腫、運動耐容能の低下などが含まれます。

心不全は右心不全と左心不全に大別されます。右心不全は、右心系の障害により体循環系のうっ血を起こし、浮腫や胸水、腹水の貯留、食欲不振などの症状を引き起こします。左心不全は、左心系の障害により肺うっ血を引き起こし、咳、労作時呼吸困難などの症状が現れます。

また、心不全には収縮不全と拡張不全があります。収縮不全は左室の収縮機能障害が背景にあり、拡張不全は左室の拡張機能障害によって起こります。

原因

心不全の原因は多岐にわたりますが、主要な原因疾患としては、虚血性心疾患、高血圧、弁膜症が挙げられます。これらの背景には、食生活の変化や高コレステロール食、塩分過剰摂取、肥満などのライフスタイルの影響があります。

その他の原因としては、心筋症、心毒性物質の影響(薬剤、重金属、習慣性物質、放射線)、免疫疾患、内分泌・代謝疾患(糖尿病、甲状腺機能亢進症など)、弁膜症、先天性心疾患、心外膜・心内膜の異常、体液量増加(腎不全、輸液)、不整脈などがあります。

ヘンダーソン14項目のアセスメント(12.達成感・充実感)

A氏は入院前、会社役員として仕事にやりがいを感じ、自己実現を図っていた。

しかし、慢性心不全の急性増悪により、〇月〇日に定期受診で来院し、入院となった。

これにより、A氏の日常生活と職業生活は中断されている。

現在、一家の大黒柱としての責任感を感じており、「家族のためにも仕事を頑張りたい」と述べている。

役員であり残された社員からの期待もあり、職場での役割と責任に対する意識が高いが、生産活動を行い、社会に受け入れられる満足感を得ることが現在困難な状況である。

これらを踏まえると、A氏の役割遂行能力が健康状態により制限されており、ニーズは未充足である。

看護学生の皆さん、心不全のヘンダーソンアセスメントにお困りですか?

心不全は高齢者に多く見られる基本的な疾患であり、腎不全や糖尿病などの複数の基礎疾患が関わることが多いため、看護過程を理解し、アセスメントするのは非常に難しいですよね。

学生さんはどこからアセスメントに手を付ければいいのかが分からず、混乱してしまうこともあるでしょう。

そんな時は、私たちの専門家チームにお任せください。

当サービスでは、看護学生の皆さんを対象に、心不全の看護過程に関する学習支援サービスを提供しています。

小さな疑問でも、どんな質問でも大歓迎です。

下記のLINEリンクからお気軽にご相談ください。

無料でご相談を承りますので、どうぞ気兼ねなくご連絡を。

皆さんからのメッセージをお待ちしています!👩‍⚕️💬

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました