おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

大腸がん ヘンダーソン アセスメントを解説!!【看護過程】

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

氏名:A氏

性別・年齢:男性、72歳

職業:無職(元公務員)

診断名:S状結腸がん(cT3N2M1)

既往歴:高血圧(治療中)

家族歴:父親は脳梗塞、母親は膵臓がんで死亡
長男(43歳)と長女(41歳)は独立し別居
妻(69歳)と二人暮らし

キーパーソン:妻

趣味:渓流釣り

嗜好:喫煙20本/日、日本酒1合/日を40年間継続
現在は禁酒・禁煙

発症から入院まで:2ヶ月前から排便時の血液付着あり
開業医受診後、精密検査を経てS状結腸がん診断

入院時の状態:身長164cm、体重67kg、血圧143/85mmHg、体温37.0℃、脈拍64回/分、呼吸24回/分

検査所見:大腸内視鏡検査で肛門から35cmの部位に腫瘍を認める
胸・腹部CT、MRIで他臓器への転移なし

医師からの説明:S状結腸がんの診断と手術の必要性を説明
手術後の抗がん薬治療の可能性について話される

A氏の反応:診断に動揺
手術については納得し、医師に治療を任せる

治療計画:S状結腸切除術を予定
術後の補助化学療法は病理診断と病期分類に基づいて検討

アセスメントのヒントを解説

大腸の機能とがんの発生部位に関する症状:

回腸から結腸に流入する内容物の大部分は水分で、S状結腸で吸収されて有形便となり直腸へ移動します

盲腸から横行結腸の右側までは内径が太く、内容物も液状で、がんによる障害が起きにくいです
出血しても視覚的に確認しにくく、初期症状が少ないです

横行結腸の左側から下行結腸、S状結腸、直腸では内径が狭く、内容物が固形化します
がん組織による出血が便に付着し、長期間放置されると貧血になる可能性があります
また、大腸内腔が狭くなることで腹痛や便通異常が生じます

がん病変に対する治療の選択:

手術後の病理診断と病期分類に基づいて、ガイドラインに沿った治療が選択されます

病期が早期であれば根治手術が可能で、予後が比較的良好です

治療法の選択には、患者の状態、医療者の意見、患者・家族の意向、セカンドオピニオンなどを照らし合わせて、キャンサーボードで検討されます

最終的な治療方針は、主治医の一存で決まるのではなく、医療者の意見と患者・家族の意向をふまえて決定されます

手術前の身体面のアセスメント:

手術や麻酔の耐性と術中・術後の合併症リスクを査定するための術前検査が行われます

身体侵襲の大きい処置が行われる可能性があり、これらは患者にとって大きな負担になります

細やかな観察と患者の理解、納得が必要です

「告知」と患者の理解:

がんの告知後、患者は動揺し、説明内容を記憶していないことがあります

医師の説明時は看護師も同席し、患者や家族の理解を把握します

必要に応じて再度主治医からの説明を得られるように機会を設けます

ヘンダーソンにおける大腸がん患者の【栄養】のアセスメント:A氏のケース

大腸がんの診断を受けたA氏にとって、栄養状態は治療のための重要な指標です。

A氏の場合、BMIは○○で、栄養状態に問題はないように見えます。

これは、基本的には良好な健康状態を示しています。

しかし、A氏が直面しているのは、大腸がんによる特有の症状です。

A氏の主な症状は血便であり、これは大腸がんによく見られる症状の一つです。

経口摂取中、便の通過が病変部位からの出血を引き起こし、これが持続することで、将来的に貧血になる可能性があります。

貧血は、栄養状態に直接影響を与え、体力の低下や治療への耐性の減少を招く可能性があるため、非常に注意が必要です。

さらに、手術前の準備として前日は絶食が必要になります。

これに加えて、腸管内洗浄を行うと、便とともに大量の水分が排泄されます。

この過程は、脱水や電解質異常を引き起こす可能性があり、これらはA氏の全体的な健康状態に影響を及ぼします。

大腸がん患者の栄養管理では、BMIだけでなく、これらの症状や治療プロセスに伴うリスクを考慮に入れることが重要です。

血便や手術前の準備は、A氏の栄養状態に一時的な影響を与える可能性があります。

そのため、栄養士や医療チームはこれらの要因を考慮し、適切な栄養サポート計画を立てる必要があります。

これにより、A氏は手術を乗り越え、回復過程での健康を維持できるようになります。

大腸がんのアセスメント:看護学生のための学習支援サポート

看護学生の皆さん、大腸がん患者の栄養アセスメントの難しさを感じていませんか?

看護の学びは広範にわたり、特にがん患者のケアは複雑な知識と繊細な対応が求められます。

大腸がんのアセスメントはその典型例であり、看護学生にとっては特に難しいテーマの一つです。

そこでおすすめしたいのが、プロの看護専門家による支援サービス「看護学生宿題代行サービス」です。

このプラットフォームは、がん患者の看護に特化した専門知識と実践的なアドバイスを提供してくれます。

なぜ「看護学生宿題代行サービス」がおすすめなのか?

プロの看護専門家がサポート:経験豊富な看護専門家が、あなたの疑問や不安に直接答えてくれます。

実践的なアドバイス:学校で学ぶ理論だけでなく、実際の臨床で役立つ具体的なアドバイスを受けられます。

いつでもアクセス可能:LINEを通じていつでもどこでも気軽に質問でき、迅速にフィードバックがもらえます。

看護学生にとってのメリット。

理解が深まる:複雑なケースの理解を深め、実践的なスキルが身につきます。

自信の向上:看護の専門家のアドバイスを受けることで、自信を持って臨床に臨むことができます。

臨床への橋渡し:学んだ知識を現場でどのように活かせるかの見通しが立ちます。

看護学生の皆さん、大腸がん患者のケアにおいて疑問や不安を感じたら、ぜひ「看護学生宿題代行サービス」を利用してみてください。

これからの看護学習において、強力なサポートとなること間違いありません。

今すぐLINEで「看護学生宿題代行サービス」をチェックして、看護のプロからのサポートを受けましょう!

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました