おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

糖尿病患者 ゴードン アセスメント 解説!【看護過程】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

基本情報:

名前:Aさん
年齢:46歳
性別:女性
診断:2型糖尿病
家族構成:夫、14歳と18歳の息子がいる4人家族
職業:専業主婦
家族歴:父親が糖尿病、兄が一人
入院:7月13日21:30頃、嘔吐、口渇、倦怠感の症状が出現
入院時バイタルサイン:体温36.8℃、脈拍76回/分、呼吸21回/分、血圧147/79mmHg、SpO2:96%
検査データ:尿糖4+、ケトン体±

健康管理と生活習慣:

定期検診:毎年受診しているが、昨年から高血糖
運動:苦手で最近はしていない
体重変化:最近1ヶ月で5.5kg減少
飲料:コーラ、コーヒー、紅茶を日中頻繁に摂取
皮膚トラブル:なし

治療計画:

糖尿病食:1401kcal、間食禁止
薬物療法:メトグルコ錠251mg(朝夕食前)、ベイスン0.3mg(毎食前)
リハビリ:自転車こぎ31分×3(朝、昼、夕)
糖尿病教室:参加予定

その他の情報:

趣味:お菓子作りと料理、週2回の料理クラブ参加
食生活:4食しっかりと摂取、肉料理が中心
心情:趣味の教室への参加制限に対する不安と落胆を感じている

健康知覚-健康管理に関するアセスメント【ゴードン11項目アセスメント】

主観情報(SubjectiveData-S)

毎年の健康診断で痩せるように言われているけど、これまでダイエットに成功したことがないの。

最近の1か月間、のどが渇いてコーラやコーヒー、紅茶を一日中家事の合間に飲んでいたわ。

客観情報(ObjectiveData-O)

46歳の女性、専業主婦で夫と14歳と18歳の息子2人を含む4人家族。

2型糖尿病と診断。

7月13日21:30頃から嘔吐、口渇、倦怠感が出現し、状態の変化がないため緊急入院。

体格:身長161cm、体重71kg。
バイタルサイン:体温36.8℃、脈拍76回/分、呼吸21回/分、血圧147/79mmHg、SpO296%。

検査データ:尿糖4+、ケトン体±。

定期検診を受けているが、昨年から高血糖。
最近1ヶ月で体重が5.5kg減少。

父親が糖尿病の家族歴あり。

治療計画には薬物療法、糖尿病食、リハビリ、糖尿病教室への参加が含まれる。

アセスメント(Assessment)

患者は定期的な健康診断を受けているが、高血糖に対して再検査を怠っており、健康管理に対する意識が低いと考えられる。

のどの渇きを感じた際に糖分の高い飲料を頻繁に摂取していることから、自己管理能力に欠け、これが症状の悪化につながっている可能性が高い。

2型糖尿病の管理には、適切な食事、運動、薬物療法の実行が重要であり、患者の生活習慣改善と知識習得のサポートが必要である。

退院後、再発防止と社会的役割を果たすためにも、患者の健康知識の向上と生活習慣の改善が重要となる。

糖尿病の看護過程に困っている看護学生さんへ

糖尿病の看護過程は、看護学生の皆さんにとって、特に難しい課題の一つですよね。

その理由は、糖尿病が単なる代謝異常だけでなく、心不全や腎不全、脳梗塞などの血栓塞栓症など、さまざまな複合的な疾患が絡み合っているからです。

加齢によりこれらの合併症が増えることも、看護の複雑さを一層高めています。

看護学生の皆さん、このような複雑なケースに直面した時、どのように対処しますか?知識を深め、現場での看護技術を磨くためには、しっかりとしたサポートが不可欠です。

そこで、私たちのサービスである「看護学生宿題代行サービス」の利用をお勧めします!

「看護学生宿題代行サービス」では、糖尿病看護に関する情報共有、疑問解消、経験豊富な先輩看護師からのアドバイスなど、様々なサポートを提供しています。

当社では看護学生の皆さんが直面する難題を、一緒に解決していきたいと思っています。

是非、まずはLINEから個別の相談に乗らせていただきます。

糖尿病看護過程を一緒に解決していきましょう。

下記のLINEからお待ちしております。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました