おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

脳出血患者の看護過程 – ヘンダーソン14項目を用いたアセスメントの解説

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
top

今回の記事では、ヘンダーソンの14項目を基にした看護過程を、脳出血患者の事例を通してわかりやすく説明します。

患者概要

患者情報:

62歳男性、名前:Aさん。
現病状:左視床出血。

家族背景:

61歳で退職、59歳の妻と24歳の長女と同居。
家族に重大な病歴なし。

発症と初期治療:

2月26日:気分不良で倒れ、救急搬送。
到着時:嘔吐、GCSE3V3M5、右側麻痺。
診断:頭部CTで左視床出血、気管挿管と人工呼吸管理。

病院での経過:

集中治療室で意識レベルGCSE5VTM7。
病日7日目:人工呼吸器離脱、一般病棟へ転棟。
病日10日目:気管挿管チューブ抜去、発声限定、食事摂取困難。

まずは脳出血の理解を深める

脳出血とは何か?

脳出血は、主に高血圧により脳の血管が破裂する疾患です。この血管は、本来細くて脆弱なため、高血圧が続くと破綻しやすくなります。特に、穿通動脈などが影響を受けやすい部位です。この状態は突然発症し、進行すると脳ヘルニアを引き起こし、生命に危険を及ぼすことがあります。

看護の重要性:急性期の対応

脳出血の急性期では、患者の命を救うことが最優先です。この時期には、バイタルサインの変化や頭蓋内圧の亢進症状を早期に発見し、適切に対応することが看護師に求められます。

脳出血による障害と日常生活への影響

脳出血は、出血部位によって失語、失行、失認、麻痺など、さまざまな障害を引き起こす可能性があります。これらの障害は患者さんの日常生活に大きな影響を及ぼし、生活の質の低下につながります。したがって、患者さんの生活の質を維持するための支援が非常に重要です。

事例:Aさんケース

Aさんは、言葉がうまく出ない状態に陥っています。このような状況は、看護学生にとって戸惑いの原因となることがあります。しかし、この状況を乗り越え、Aさんにどのような支援を提供すべきかを一緒に考えてみましょう。

コミュニケーションの工夫:言葉が出にくい患者さんとのコミュニケーションでは、非言語的な手段(ジェスチャー、筆談など)を用いることが効果的です。
環境の調整:患者さんがストレスなく過ごせるよう、静かで落ち着いた環境を整えることが大切です。
リハビリテーションのサポート:言語療法などのリハビリテーションを通じて、少しずつコミュニケーション能力を回復させる手助けをします。

ヘンダーソン14項目の 【4.身体の位置を動かし、またよい姿勢を保持する】のアセスメント

まず、異常反射や不随意運動は、リハビリテーションを安全に進める上での障害となりうる。

特に下肢の震えは、端坐位や立位の際に問題となるため、これらの反射や運動の有無を確認することが重要である。

また、患者が入院前に行っていた余暇活動は、リハビリテーションへの意欲につながることがあるため、これらの活動についての理解も必要である。

離床状況、凝固機能、既往歴、体型などを評価することで、深部静脈血栓症のリスクを判断する。

自力での活動が困難な場合、同一部位の圧迫による皮膚損傷の有無もアセスメントする必要がある。

さらに、体内に挿入されているラインやチューブが活動を制限することがあるため、、、、、、、続きは看護学生宿題代行サービスまで!

まとめ

看護学生として、脳出血の患者さんに対する理解を深め、適切な支援を提供することが重要です。Aさんのケースを通じて、患者さん一人ひとりの状況に合わせたケアを考え、実践することで、看護の質を高めることができます。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました