おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

看護診断のカルペニートとNANDA-Iの違いって何なの!?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
top

カルペニートの看護診断とNANDA-Iの違いについてご紹介します。

 

まずは起源から

まず、カルペニートの看護診断は、1980年代初頭にアメリカの看護学者マーガレット・カルペニートによって提唱された診断プロセスであり、看護診断の分野で初めて発表された。

一方、NANDA-Iは、1982年にNANDA Internationalとして設立された非営利組織であり、国際的な看護診断分類(Nursing Diagnoses)の開発と普及を目的としている。

次に、診断プロセスについてであるが、カルペニートの看護診断は、看護師が患者の問題やニーズを特定するための質問を提供し、それによって患者の状態を評価し、看護診断を導き出すことが求められる。

一方、NANDA-IIは、診断名を提供することが特徴であり、看護師が患者の状態を評価した後に、該当する診断名を選択することが求められる。

最後に、使用する用語について述べる。

カルペニートの看護診断は、看護師が患者の問題やニーズを評価するために使用する質問に焦点を当てており、一方NANDA-Iは、診断名を提供している点が特徴である。

カルペニートの看護診断とNANDA-Iはどっちが使いやすいの?

カルペニートの看護診断とNANDA-Iはどちらが使いやすいかという点については、状況によって異なる。

カルペニートの看護診断は、看護師が質問を提供して、患者の問題やニーズを評価し、看護診断を導き出す必要がある。

一方、NANDA-Iは診断名を提供することが特徴であり、看護師は患者の状態を評価してから、適切な診断名を選択する必要がある。

方法によって異なるため、どちらが使いやすいかは個人差がある。

看護師が患者の状態を正確に評価し、診断を導き出すことができる場合には、カルペニートの看護診断が使いやすいと言える。

一方、時間が限られている場合や診断名を使用することでコミュニケーションがスムーズになる場合には、NANDA-Iが使いやすいと言える。

つまり、使用目的や状況によって異なるため、どちらが使いやすいかは個人の判断によるということになる。

 

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました