おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

ファロー四徴症 ゴードン アセスメント解説【看護過程】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
top

患者情報

名前:Bちゃん

年齢:生後7ヶ月

性別:女児

診断

病名:ファロー四徴症

患者の背景

生後2日目にファロー四徴症と診断

その後外来で経過観察

両親にとっては初めての子ども(第一子)

家族構成:3人

現症経過

生後2日目に心雑音があり、ファロー四徴症と診断

新生児期のチアノーゼは比較的軽度で、外来通院による経過観察

生後4ヶ月頃からチアノーゼが増強

両親の希望で内服治療を行わず

生後6ヶ月の時、啼泣による顔色の悪化で救急外来を受診

β遮断薬の内服開始

生後7ヶ月(現在)の外来受診時、SpO2低下と強いチアノーゼで入院

入院後、啼泣時にSpO2低下する無酸素発作発生

発作予防のための治療開始

ファロー四徴症について

ファロー四徴症は、心室中隔欠損、肺動脈狭窄、右室肥大、大動脈騎乗の4つの特徴を持つ先天性心疾患です。この疾患の核心は、心室中隔欠損と右室流出路狭窄にあります。右室流出路狭窄は、肺動脈弁下の漏斗部の狭窄により起こり、その程度によって病態や重症度が異なります。心室中隔欠損が大きいため、右心室と左心室は一つの心室として機能し、右室肥大を引き起こします。

肺動脈への血流が制限されると、右心室からの静脈血が心室中隔欠損を通じて大動脈へ流れます。これにより、大動脈に流れる静脈血の割合が増え、チアノーゼや低酸素血症が生じます。

特に重要なのは、無酸素発作(低酸素発作やSpellとも呼ばれる)の理解です。これは、何らかの刺激で漏斗部の筋性狭窄が発作的に増強し、チアノーゼの進行、多呼吸、代謝性アシドーシスなどを引き起こします。

治療としては、根本的な解決のために外科的治療が必要となります。看護学生としては、この疾患の特徴や病態、治療法を理解し、適切な看護ケアを提供できるようになることが大切です。

ゴードンアセスメントの模範解答【1.健康知覚-健康管理】

Bちゃんはファロー四徴症を患っており、生後1日目に症状が現れたが、新生児期には積極的な治療は不要で、状態は比較的安定していた。

月齢が進むにつれて、症状は徐々に進行し、内服治療の開始や入院が必要となった。

これまで外来通院は可能であり、Bちゃんは必要な医療を受けていた。

しかし、両親は手術が必要であることを理解しているものの、治療に対する強いこだわりが見受けられ、Bちゃんにとって必要な治療が行われない可能性もある。

今回の入院までに、Bちゃんの自宅で無酸素発作やそれに近い状況が発生していた可能性があり、両親がこれを認識していなかったか、状況を理解していなかったかは不明である。

そのため、Bちゃんとその家族に対して、病態や治療法についての正確な情報・・・・・・・・・・・・・・続きは看護学生宿題代行サービスまでご相談ください。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました