おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

S状結腸がん患者のゴードンアセスメントを解説します!!【看護過程 紙上事例】

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

患者情報

A氏、女性、73歳

主診断:StageIIIb S状結腸がん(T4N2M1)、目的は腹腔鏡下S状結腸切除術

既往症状:

66歳からの高血圧症、アムロジピン3.5mgを毎朝服用

日常の運動として散歩をしている

現在の血圧はBP131~147/81~87mmHg、身長156cm、体重59kg

定期健診での空腹時高血糖値の指摘あり

現在の健康状態:

過去3年間、排便時の血液付着があるが痔と思い受診せず

最近の健診でCEA7.3ng/mlの高値を示す、大腸内視鏡でS状結腸がん発見

自覚症状はなく、貧血の徴候もなし

入院予定:11月12日

家庭環境と入院に関する要望:

76歳の舌癌治療中の夫と、46歳の義理の娘との生活

早期回復と退院を望む

生活習慣とアレルギー:

無喫煙、社交的な飲酒習慣

魚(アジ)アレルギー

手術計画:

2024年11月13日、腹腔鏡下S状結腸切除術とD3リンパ郭清術

鎮痛のための硬膜外持続鎮痛法を予定

手術前の準備:

術前処置として11月12日にマグコロール300mlとセンノシド3錠

11月11日夜から絶食、手術日の朝7時までOS-1600ml可

必要に応じてリスミー2mgを服用、血圧管理指示あり

術前はアムロジピンの服用を一時休止

S状結腸がん患者のゴードンアセスメントの要点まとめ

①病歴と現在の健康状態

病歴と入院の経過:病気の始まりから入院に至るまでの経過を把握

入院時の状態:入院時の症状と検査結果、それらが示す病態を理解

治療とその効果:現在の治療法とその目的、効果を把握

②健康管理活動

健康観と生活習慣:患者の健康に対する考え方と日常生活の分析

心理状態と術前準備:術前の心理状態と準備が術後の回復に与える影響の評価

③危険性の予測

外傷や感染のリスク:現在の健康状態から外傷、中毒、窒息、感染のリスクを予測

生活習慣の影響:飲酒や喫煙などの生活習慣が麻酔や手術に与える影響を考慮

このアセスメントは、患者の健康状態を全体的に理解し、適切な看護計画を立てるために不可欠です。

また、患者一人ひとりの状況を詳細に把握し、それに基づいた看護を提供することが重要です。

事例にもとづくアセスメント【S状結腸がん患者のゴードンアセスメント:健康知覚・健康管理】

A氏は、高血圧の診断後から健康に気を使って生活していましたが、S状結腸がんの初期症状を見逃し、発見が遅れました。

入院後は積極的に術前訓練に取り組んでおり、健康への意識の高さが伺えます。

手術には楽観的ですが、がんの進行度を踏まえ、術後のリスク管理が重要です。

退院後のサポート体制には課題があり、家族の状況と社会資源を活用する必要があります。

このケースでは、医学的管理と同時に、心理的支援と社会的サポートが看護の重点となります。

>>続きは看護学生宿題代行サービスからご相談ください。

S状結腸がん患者の看護過程は難しいですよね・・・・

看護学生の皆さん、S状結腸がん患者の看護過程における困難さに押しつぶされそうになっていませんか?

この疾患は心不全など他の疾患と比較してもマイナーであり、教科書では詳細な看護過程がしばしば見落とされがちです。

具体的な患者事例を通じて紙上事例や関連図を作成するのは、確かに難しい課題です。

ここで、当サービス「看護学生宿題代行サービス」の利用をお勧めします。

「看護学生宿題代行サービス」は、看護学生や実務に携わる看護師のために特化したサービスです。

このツールを使えば、複雑な症例でも、効率的に、かつ体系的に看護過程を学び、理解することができます。

「看護学生宿題代行サービス」では、リアルな患者事例を基にした紙上事例や関連図を提供し、看護学生が直面する疑問や不明点に対応します。

このサービスを利用することで、理論と実践のギャップを埋め、より実践的な看護技術を身に付けることができます。

さらに、「看護学生宿題代行サービス」は使いやすさとアクセスの良さにも優れており、どこにいても、いつでも学習を続けることが可能です。

学習の効率を上げ、看護の質を高めたいなら、ぜひ「看護学生宿題代行サービス」をお試しください。

詳細は以下のLINEリンクからご確認いただけます。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました