おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

COPD ゴードン アセスメント 解説!!【看護過程 紙上事例】

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

患者情報:A氏、76歳、女性

診断:慢性閉塞性肺疾患病期V、在宅酸素療法中

既往歴:20歳の時に結核、41歳で気管支喘息、75歳で肺炎を経験

要介護2

家族構成:息子夫婦と同居中
夫とは死別
以前は田舎で一人暮らししていたが、肺炎と在宅酸素療法開始後に息子夫婦の家に移住

故郷には姉が近くに住んでいた

病歴の詳細:

41歳で気管支喘息を発症

73歳で慢性閉塞性肺疾患と診断される

75歳で肺炎により呼吸症状が悪化し、在宅酸素療法を開始

夫はヘビースモーカーだった

訪問看護の導入経緯:

病状管理と在宅酸素療法のため、主治医の勧めで訪問看護を開始

日中、息子夫婦が共働きのため一人で過ごす時間が多い

訪問時の観察:

大半の時間をソファーで過ごし、テレビ観賞

全身状態は安定しているが、表情は少し落ち込み気味

あまり自ら話さないが、話しかけると応答する

在宅酸素療法により呼吸が楽になったと感じている

息子夫婦に感謝しているが、自分の家を懐かしむ

「寿命だろうから、ここにいるしかない」と発言

故郷の話になると会話が活発になり、過去の楽しい思い出を語る

デイサービスへの参加を拒否し、「知らないところは苦手」と発言

昼食を食べないことがあり、「動かないからお腹が空かないし、満腹になると苦しくなる」と説明

薬の管理は概ね良好だが、昼食後の薬の飲み忘れが時々ある

機械類の操作に苦手意識があり、「酸素機械のコードが抜けかけていたことがあった」と心配を表明

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の理解とA氏の症例の分析・解釈【1.健康知覚-健康管理パターン】

慢性閉塞性肺疾患、通称COPDは、タバコ煙やその他有害物質の長期吸入により引き起こされる肺の慢性疾患です。

この病気は、肺の炎症と破壊により、不可逆的な気流制限(気道閉塞)を引き起こし、慢性呼吸不全に至る可能性があります。

COPDの病変は末梢気道から始まり、肺胞領域まで広がります。

この疾患は多岐にわたる症状を示し、中枢気道では喀痰の増加、末梢気道では管腔の狭窄、肺胞領域では気腔の拡大と肺の弾性収縮力の低下によるガス交換の困難さが見られます。

さらに、COPDは全身性炎症、栄養障害、骨格筋機能障害、心血管疾患、骨粗鬆症、抑うつなどの全身的な併存症や、肺がん、気胸などの肺合併症を伴うことがあります。

今回は特に、喫煙歴がないにもかかわらずCOPDに罹患したA氏のケースに焦点を当ててみましょう。

A氏は受動喫煙、結核、気管支喘息の既往があり、これらがCOPDの発症に寄与したと考えられます。

COPDは疾患が進行するまで無症状であり、重症化して初めて呼吸困難を自覚し、日常生活に支障を来すことのある疾患です。

A氏の現在の病期はV期で、在宅酸素療法の導入により症状は安定しています。

話す際の息切れを避けるため、会話を控える傾向にありますが、日常生活では呼吸困難を自覚せず、支障なく過ごしているようです。

また、SPO2測定を記録しており、SPO2値から酸素療法の効果が得られていることが分かります。

COPDの管理と治療は、患者の生活の質の維持と、症状の進行の遅延に重点を置いています。

A氏のようなケースでは、疾患の理解と適切な治療介入が重要となり、それを適切に実施する事により、COPD患者がより安定した生活を送ることが可能になるのです。

看護学生のみなさん、COPDの看護過程に苦戦していませんか?

COPDの看護過程について、困難を感じていることはありませんか?COPDは、看護学生にとって非常に複雑な課題の一つです。

基礎的な疾患であるにも関わらず、患者の日常生活における多くの制約、家族の支援の必要性、多職種との連携、さらには社会資源の活用など、考慮すべき事項が多岐にわたります。

臨床経験のある看護師でないと、この看護過程を解き明かすのは難しいとも言えます。

しかし、ご安心ください。

看護学生宿題代行サービスでは、経験豊富で専門知識を持った看護師があなたの学びをサポートします。

私たちの力を借りれば、学習に関するあなたの負担が軽減されることでしょう。

興味がある方は、下記のLINEからぜひ私たちにご連絡ください。

COPDの看護過程について、一緒に学び、乗り越えていきましょう。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました