おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

大腸がんのゴードンアセスメント事例で解説!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

患者情報:A氏、52歳、男性

体格:身長172cm、体重89kg

過去3ヶ月で5kgの減量

診断:ステージⅡ進行性大腸がん(直腸がん)

分類:T3,M0,N0

既往歴:特記事項なし

職業:会社員、中間管理職

家族構成:妻(50歳)、息子(18歳)との3人暮らし
家族の状況:家族との時間を重視し、たまにキャンプを楽しむ
妻はフルタイム勤務で、A氏入院中は勤務調整し毎日面会
息子は高校2年生で、卓球部に所属
面会は手術日と週末
家族の健康状態は良好
近親者に大腸がんの既往なし

性格:責任感が強く、自己決定的

嗜好:喫煙なし
飲酒は付き合い程度で、ビール(350ml)5本

食習慣:朝食は牛乳やコーヒーのみ
昼食はコンビニ弁当、特に脂っこいギトギトのやつが好み
肉や味の濃いものを好む一方で野菜や果物の摂取は少ない
夕食は主に家庭料理だが週に1回程度外食や中食
主食は白飯(茶碗大盛り1杯)
出張時はコンビニ弁当

運動習慣:特になし
歩行に問題なし

ADL:自立している

大腸がんのゴードンアセスメントを解く上でのポイント

大腸がんは、早期発見と適切な治療が生存率を大きく左右する重要な疾患です。ここでは、大腸がんのゴードンアセスメントを理解し、患者のケアに活かすための主要なポイントを解説します。

1.大腸がんの病態生理、分類、病期

大腸がんは大腸の粘膜から始まり、進行すると大腸の壁や他の臓器に広がる可能性があります。病態生理、がんの分類、病期分類を理解することは、治療計画や看護計画を立てる上で非常に重要です。各病期に応じた特徴や治療の難易度が異なるため、これらの知識は患者への説明やケアに直結します。

2.大腸がんの検査・治療方法

大腸がんの診断と治療には、検査(内視鏡検査、画像診断など)と様々な治療方法(手術療法、化学療法、ホルモン療法、放射線療法)が含まれます。これらの治療方法は患者の状態やがんの進行度に応じて選択され、しばしば複数の治療が組み合わされます。

3.手術後の経過と合併症

全身麻酔による直腸切除術、人工肛門増設、腹部リンパ節郭清などの手術後には、様々な合併症が起こる可能性があります。手術後の経過を正確に把握し、発生する合併症を早期に発見し対処することが、患者の回復を促進します。

4.入院初日の看護計画

入院1日目の患者の看護計画は、手術前後のケア、患者の心理的なサポート、身体的な状態のモニタリングなどを包括的に考慮する必要があります。患者とその家族への情報提供やサポートも、この段階で重要です。

5.人工肛門生活との向き合い方

人工肛門を造設した後の生活は、患者にとって大きな変化をもたらします。こうした変化に適応するための看護として、患者や家族への教育や支援が重要になります。日常生活での管理方法、合併症の予防、心理的なサポートなど、患者と家族が新しい生活に適応できるよう支援することが求められます。

【ゴードン1項目】健康知覚-健康管理のアセスメント

大腸癌について:大腸癌は大腸の粘膜から始まり、徐々に深く侵入し、他の臓器に転移する可能性がある。

A氏は現在ステージⅡにあり、他の臓器への転移はないが、日常の食生活が癌の進行に影響を与える。

食生活と癌の関連:入院前の情報から、A氏の食生活は乱れが見られ、この不健康な食習慣が癌発生の一因と考えられる。

退院後に同じ生活を続けると、癌の再発や転移のリスクが高まる。

食生活の改善指導:A氏には食生活の改善の必要性と方法について、本人の意見を尊重しつつ指導することが重要。

健康意識の欠如:A氏はこれまで健康問題がなく、仕事の忙しさから健康を顧みる余裕がなかった。

便潜血検査で陽性であったにもかかわらず、自覚症状がないため・・・・・・・・・・続きは看護学生宿題代行サービスから

看護過程に悩んでいる看護学生さんへ

大腸がんの看護過程は、特有の課題が多く、看護学生にとっては難易度が高めです。

多くの看護学生が大腸がん患者の看護経験をあまり持っておらず、ストーマ造設やボディイメージに関するアセスメントなど、やや専門的な内容に直面することが少なくありません。

このような難しい状況にある場合、看護学生宿題代行サービスのサービスを活用することが大変有効です。

看護学生宿題代行サービスを利用することで、看護過程作成に関するより具体的で実践的なアドバイスやサポートを受けることができ、看護の質を向上させることが可能です。

大腸がんの看護過程作成に対処するため、ぜひ看護学生宿題代行サービスのLINEサービスに相談してみてください。

下記のリンクよりおすすみください。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました