おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

【小児】ネフローゼ症候群 ゴードン 看護過程【アセスメント】を解説します!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

患者情報

名前:Aちゃん
性別:男児
年齢:1歳4か月
診断:微小変化型ネフローゼ症候群
身長:77.7cm、体重:10.2kg

家族構成:

4人家族(父親28歳、母親25歳、双子の兄DちゃんとAちゃん)
父方の祖父母が近くに住んでおり、週末に訪問

健康状態:

既往歴:生後8か月で突発性発疹
感染症ワクチン:DPT-IPV、MR、Hib、肺炎球菌接種済み
アレルギー:なし

発達状態:

粗大運動:歩行が可能
微細運動:積み木で塔を作る
言語:「マンマ」「ナンナン」と発声
視力・聴力・知覚:問題なし

気質情動の状態:

人見知り、甘えん坊
公園での遊びを楽しむ
猫に興味を示す

食事と排泄:

乳歯3本、齲歯なし
離乳食完了、野菜は好まない
母乳を寝る前に飲む
紙おむつ使用、入院前日に排便

育児環境:

夫が育児に協力的
祖父母も週末に協力

入院までの経過:

2日前からまぶたの腫れと活気の低下
入院時に両眼瞼浮腫、陰嚢浮腫、食欲不振、倦怠感、腹水、腸蠕動音の微弱が見られた

母親の心配:

双子の兄Dちゃんも同じ病気になるか心配
母親不在時のDちゃんの世話の心配

【1健康知覚-健康管理】のアセスメント模範解答!!

【健康知覚は適切か?について】 

Aちゃんの健康知覚に関しては、母親のこれまでの健康に関する認識は適切であると考えられる。

Aちゃんの運動機能や言語機能は1歳4か月の児ができることに当てはまっており、正常な発達を遂げている。

既往歴がなくアレルギーもないこと、予防接種が年齢に合わせて適切に実施されていることから・・・・・・・・・続きは看護学生宿題代行サービスまでご相談ください。

【健康管理は適切か?について】

Aちゃんの健康管理については、ネフローゼ症候群の症状に対する適切な対応が行われている。

ネフローゼ症候群は、主に腎臓の炎症が原因であり、低タンパク血症、低アルブミン血症、尿タンパク漏出といった特徴を持つ。

Aちゃんは、これらの症状を示しており、ネフローゼ症候群の定義と一致している。

入院と同時にステロイド療法と食事の塩分制限が開始されており、これは・・・・・・・・・続きは看護学生宿題代行サービスまでご相談ください。

小児ネフローゼ症候群をわかりやすく説明します。

ネフローゼ症候群とは?

定義:腎臓の糸球体が障害を受けることにより、尿に大量のタンパク質が出てしまう状態。
血液中のタンパク質が異常に低くなることも特徴。

主な症状:体のむくみ(特に目の周りや足)、高脂衪症。

分類:一次性(原因不明)と二次性(他の病気や薬物による)。

急性期の管理

症状の観察と看護:強い倦怠感、活気の低下、むくみの増強などを注意深く観察。体重の増加や腹水の発生にも注意。

治療:ステロイド治療が一般的。高血圧や尿糖の上昇など副作用に注意。感染予防が重要。

低タンパク血症:尿にタンパク質が失われるため、血液中のタンパク質、特にアルブミンが低下。むくみや免疫低下などが起こる。

安静と食事制限:むくみがひどい場合はベッド上での安静が必要。タンパク質の補給とナトリウムの制限を行う。

病気・治療の説明:治療の必要性を分かりやすく説明し、病気への理解を深める。

回復期の管理

利尿期に入るとむくみが減り、感染予防やステロイド副作用の観察が重要。脱水予防と水分摂取量の調整も大切。

ネフローゼ症候群の特徴

易感染傾向:免疫機能の低下により、感染症にかかりやすい。

眼瞼のむくみ:特に朝、目の周りに顕著なむくみが見られる。

血圧:通常は正常だが、病状によっては変動することも。

腹水と腹部の膨満感:腹部に液体が溜まることで膨満感が生じる。

下肢の浮腫:足のむくみが目立つことが多い。

タンパク尿:尿中にタンパク質が見られるが、血尿はないのが一般的。

使用される薬

プレドニゾロン(PSL):ステロイド薬で、抗炎症・抗リウマチ作用がある。電解質代謝の副作用が比較的少ない。

まとめ

小児ネフローゼ症候群は、腎臓の障害により尿中にタンパク質が多く出る病気で、むくみや免疫力の低下が特徴の疾患です。

治療にはステロイドが用いられ、症状の観察や適切な看護が重要です。

また、病気への理解と治療への協力を促すため、患者とその家族に対して病気のメカニズムや治療方法を丁寧に説明することが求められます。

利尿期に入るとむくみが減少しますが、この時期も感染予防やステロイドの副作用に注意し、適切な水分管理を行う必要があります。

全体として、ネフローゼ症候群は適切な治療と管理によってコントロール可能な病態ですが、小児患者においては特に綿密なケアが必要とされます。

看護過程が難しいと感じたら、看護学生宿題代行サービスまでご相談ください。

プロの看護師が完全マンツーマンの個別対応にて学習をサポートさせていただきます。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました