流行性耳下腺炎

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今よりもっといい条件の求人あります。
転職サイトは看護のお仕事
とりあえずサイト登録だけでもしておいてね!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

原因

ムンプスウイルスの感染によって起こり、潜伏期間は2~3週間

症状

発熱、食欲不振があり、やがて両側または片側の耳下腺、さらに一部は顎下腺の腫張をみる 腫張は7~10日で消失する

合併症

無菌性髄膜炎は小児期にしばしばみられる合併症であるが、精巣炎、卵巣炎、膵臓炎もまれに合併することがある きわめてまれに感音性難聴がみられる

治療

対症療法を行う

予防

1歳以上の希望者に対して、おたふくかぜ生ワクチンの摂取を行う

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました