脳梗塞患者 看護過程 ゴードン.PDFをダウンロードする。

この記事は約2分で読めます。

実際に病院に入院されていた脳梗塞患者を対象とした事例を使い、ゴードンの11パターンによる看護過程をPDFファイルにまとめました。

事例紹介(概要)

対象:A氏 66歳 男性

診断名:脳梗塞

職業:元サラリーマンで、65歳の時に退職した。現在は無職、年金生活である。

家族構成:妻(65歳)と2人暮らし。妻は3年前に胃がんで手術を受けて以降、臥床がちである。

長男 (30歳)は結婚し、同じ県内に在住。 長女 (32歳)も結婚し、 A宅から車で15分程度の隣町に住んでいる。

性格:優しく、まじめで、 人に迷惑をかけることが嫌い。

趣 味:毎日午後に15分程度のウォーキングと毎週水曜日に公民館の将棋クラブに通っている。

嗜好品:飲酒なし。 喫煙なし。

食事:1日3食

朝:パン(1枚150kcal)とコーヒー (ミルク・砂糖 1/2袋使用)

昼・夕:宅配 (糖尿病食2食で2000kcal)

排泄:排便 1回/日 排尿 8回/日(うち夜間1回) 排便・排尿困難感なし。

ADL:自立 退職後は妻に代わり買い物、食事の準備をしていた。

睡眠:夜間1回排尿のために起きるが、 夜11時から朝7時までよく眠れている。

この事例の詳細は下記のPDFファイルをダウンロードして閲覧ください。

ゴードン11項目のアセスメント

脳梗塞患者の病態・メカニズム分析に関する知識・内容を豊富に掲載!

圧巻のボリューム。

教員も驚きです!

看護学生さんはこの答案を活用し、プライベートの時間を増やして睡眠時間を増やしましょう

看護過程はもちろん、患者の状態に応じた個別性のある内容となっております。

看護診断リスト(NANDA-Iを使用し、優先順位をつけてます)

9個も看護診断が上がっています。宿題はこれでバッチリです。学校の先生も驚くかもしれませんよ。

看護計画

優先順位1位の看護計画になります。

関連図

患者の個別性がふんだんに盛り込まれています。

コメントをどうぞ ※匿名可

タイトルとURLをコピーしました