おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

脳梗塞 ゴードン アセスメント 紙上事例 看護過程解説!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

60歳の男性

左ラクナ梗塞

工場の職員

52歳の時から高血圧症の存在を指摘され、医師から受診するよう勧められるが、仕事を理由に受診しなかった

食塩摂取を1日6g未満に制限し、禁煙するよう指導を受ける

毎年行われる健康診断で禁煙するよう指導されているが、継続して喫煙している

日常的な運動習慣はないが、毎月ゴルフを楽しむ

仕事は通常9時から17時までだが、ほとんどの日は19時まで工場で働く

1日にタバコを22本吸い、22歳から継続している

健康診断の度に禁煙を勧められるが、止めることができない

職業上、食事の時間が定まらない

肉を好んで野菜はあまり食べない

妻が作る味の薄い料理が合わず、時々塩や醤油を追加して食べる

病院食が味気なく、食欲が湧かない

禁煙する可能性はあるが、薄味の食事は苦手

急性期を過ぎたと考えて醤油をかけたが、看護師から注意を受ける

血小板凝集阻害剤:バイアスピリン錠100mg、朝1錠

血圧降下薬:アムロジピン5mg、朝1錠

身長174cm、体重80kg

現在の血圧:152/92mmHg、入院時:202/102mmHg

血液検査結果:トリグリセリド148mg/dl、LDLコレステロール140mg/dl、HDLコレステロール52mg/dl

脳梗塞とは

脳梗塞は、脳内の血管が塞がれることによって起こる疾患で、主に次の3つのタイプがあります:

ラクナ梗塞:脳の深部を灌流する細い動脈が閉塞し、小さな梗塞を引き起こします。症状は梗塞部位により異なり、場合によっては無症状の場合もあります。

心原性脳塞栓症:心臓の病気により、脳の血管が突然閉塞されることで発症します。重篤な症状を引き起こしやすく、治療による再開通後に出血性脳梗塞へ移行することもあります。

アテローム血栓性脳梗塞:発症が比較的緩やかで、動脈硬化が原因で脳の血管が狭まります。症状は比較的軽いことが特徴ですが、側副血行路の発達が悪い場合は重篤な脳梗塞のリスクが高まります。

特殊な虚血性病変として、一過性脳虚血発作(TIA)や出血性脳梗塞、眼虚血症候群などがあります。TIAは短時間で症状が消失するが、大規模な脳梗塞の前兆となることがあります。出血性脳梗塞は血管の再開通によって生じ、眼虚血症候群は視力障害を通じて脳梗塞の予兆となり得ます。

脳梗塞の診断は主に頭部CTやMRIによって行われます。治療としては、血栓を溶解させ血流を改善することが重要です。予後は梗塞の場所や広がりによって異なり、予防のためには生活習慣の改善が重要です。

【1.健康知覚-健康管理パターン】のAさんのアセスメント

脳梗塞は、脳への血液供給の減少または停止により神経細胞に不可逆的な損傷が生じる病態です。

年齢、性別、生活習慣など様々な要因が原因となります。

主な症状には片麻痺、感覚障害、構音障害、失語などがあり、これらは梗塞が起こった脳の部位に依存します。

Aさんのケースを見ると、運動不足、喫煙、不規則で高塩分・高脂質の食生活など、脳梗塞のリスク要因を多く抱えていました。

禁煙については毎年の健診で指導されていたにも関わらず、習慣を改めることができず、病院食に対する不満や塩分摂取量の過剰など、食生活に関する指導も守られていませんでした。

これらの行動パターンは再梗塞のリスクを高める可能性があります。

退院後の健康管理のためには、Aさんに定期的な運動を促し、禁煙を徹底する必要があります。

食生活では、・・・・・続きは看護学生宿題代行サービスまでご相談ください。

脳梗塞の看護過程に悩む看護学生のみなさんへ

看護学の学習は、多岐にわたる医療知識と技術を要求され、特に脳梗塞の看護過程などは非常に複雑で難解です。

この分野の理解と実践は、看護学生にとって大きな課題となることが多いようです。

こうした状況の中で、学習の支援を得ることは、成績向上と効率的な学習プロセスの両方に良い影響を与えるでしょう。

看護学の学習をサポートする「看護学生宿題代行サービス」は、このような学習の難易度に対処するのに最適なサイトです。

「看護学生宿題代行サービス」は、看護学生が直面する課題や疑問に、専門的な視点からアプローチし、より深い理解と実践的な知識を身につけるのを助けてくれます。

このサービスを利用することで、難しい看護過程もスムーズに学ぶことができ、試験での高得点も目指せます。

さらに、学習効率が向上し、自分の時間も有意義に使えるようになります。

看護学の道は困難ですが、「看護学生宿題代行サービス」はその道程をよりスムーズで充実したものに変えてくれるでしょう。

ぜひ、以下のLINEに登録して、「看護学生宿題代行サービス」のサポートを受け、看護学生としての成功への一歩を踏み出してください。

タイトルとURLをコピーしました