おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。
おかげ様で依頼件数 800 件突破!看護の課題に頭を悩ませていませんか?安心のサポートをご提供します。

お客様からの

  • 本当に素晴らしいサービスですし、見本を読み正解を知ることが、学習に繋がります!やはりゼロからは難しいですし、お値段以上の学びがあり、大変感謝しております。
  • 家庭の事情もあって課題をこなすのに精一杯の中、本当に助かりました。添削が入った際は、またご 相談させて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
  • いつも、納期より早くご連絡を頂き感謝しております。本当に今回も助かりました。感謝しかありません。
  • 作成して頂いたアセスメントを見てすごく丁寧に沢山書いてくださっていて、本当にありがとうござ いました。とても優秀ですごいなぁと感心しています。また利用させてもらいます。
  • 依頼時、課題の詳細の説明不足でご迷惑をおかけしましたが、丁寧な対応をして頂きました。いただ いたケーススタディの見本を参考にして書かせていただき、無事に先生の OK をもらうことができましたもっと早くこのサービスを知りたかったです。
  • 病棟で急に担当させられた看護研究をお願いしました。こちらの無理を快く引き受けていただきありがとうございました。素晴らしい内容で満足しています。

認知症 ゴードン アセスメントについて解説します!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
top

事例紹介

Bさんは94歳の女性で、加齢による衰弱が主な診断名である。

主な介護者は息子で、アルツハイマー型認知症(89歳発症)、低アルブミン血症、全身浮腫(91歳発症)を併発している。

背景として、Bさんは70歳代の息子夫婦と3人で同じ市内に住んでおり、同じく70歳代の長女が週に1回様子を見に来ている。

趣味は手芸で、自宅には彼女の作成した多くの作品が飾られている。

1年前からは右不全麻痺が見られ、脳梗塞の疑いがあるものの、精査はされていない。

臥床が増え、上肢関節の拘縮が進行している。

低アルブミン血症による浮腫が増大傾向にあり、高血圧が続いているためフロセミド21mgを服用している。

障害高齢者日常生活自立度はC3、認知症高齢者の日常生活自立度はⅤ、要介護5である。

半年前に尿路感染症で高熱を出し、総合病院に搬送された。

入院中は輸液療法を受けていたが、認知症による点滴自己抜去のリスクが高いとされ、ミトンによる抑制が行われた。

入院前は自分で普通に食事を摂っていたが、入院中はミキサー食を介助で摂取していた。

病棟主治医から家族に今後の相談がなされ、「胃瘻や延命措置はしない」との意思決定がなされ、自宅への退院が決まった。

尿路感染症と経口摂取量の低下に伴い、訪問看護が開始された。

訪問看護開始当初は特別訪問看護指示書による連日の訪問が行われた。

初回訪問時に排便困難感があったため、排便ケアを行い多量の排便が見られた。

主治医(在宅)の指示に従い、残尿測定を行った結果、多量の残尿が確認された。

訪問看護師から家族への指導として残尿を減らすための徒手圧迫を教え、実施したところ、尿の性状が改善した。

家族の献身的な関わりにより、退院時に少なかった経口摂取量も増加し、Bさんも喜んでいた。

退院後1か月で全身状態が安定し、デイサービスの再開が可能となったが、家を離れることを嫌がっていた。

その後、訪問看護は週2回の利用となり、月・木の1時間のケア内容は全身清拭、オムツ交換、摘便、皮膚ケア、リハビリである。

在宅における高齢者看護について

高齢者数の増加とその影響:

2019年に日本の高齢者数が3588万人に達し、過去最高を記録した。
高齢者の数が増加することは、将来的に高齢者の死亡数も増加することを意味しています。

高齢者の末期ケアに関する意識と現実のギャップ:

多くの高齢者が最期を自宅で迎えたいと望んでいるにもかかわらず、実際に自宅で亡くなる人の割合は約13%に過ぎない。
これは、在宅での末期ケアに対する支援体制や意識の不足を示唆している可能性があります。

老衰について:

老衰は加齢による身体の細胞や組織の機能低下により、生命活動の維持が困難になる過程を指します。
死の原因となる特定の疾患がなく、自然な死を迎える過程とされています。
老衰による死は徐々に進行し、がんなどの悪性疾患と比べると穏やかなものですが、突発的な健康問題(例:誤嚥)により予期せぬ死を迎えることもあり、その予後は予測が困難です。

在宅看取り支援の重要性:

この事例は、療養者や家族の意向に沿った高齢者の在宅看取り支援に焦点を当てています。
在宅看取り支援は、高齢者やその家族が望む在宅での穏やかな生活の最終段階を支えるための重要なケア方法です。
この支援を通じて、療養者が自宅で尊厳を持って人生の最後を迎えられるようにすることが目標です。

ゴードン11項目【健康知覚-健康管理】の解き方のコツ!

健康知覚-健康管理における観察点:

患者の年齢、既往歴、診断名を考慮することが重要です。

これらの情報は患者の全体的な健康状態や治療計画に影響を与えます。

意識レベルや全身状態の評価は、患者の現在の健康状態を把握するために必要です。

内服薬の有無や管理方法についても、患者や介護者が現状と今後の治療計画を理解しているかを確認することが重要です。

老衰過程への理解の重要性:

老衰過程への理解がない場合、急な変化や起こりうる変化に対して不安が生じ、在宅療養の継続が困難になることがあります。

療養者や家族が死や看取りに対する希望や認識を持っているかどうか、またどのような延命治療を希望するかの意思確認は非常に重要です。

在宅看護の役割と介護者の健康状態:

在宅看護は、療養者や家族が望む生活に寄り添うことを目的としています。

これには、療養者の希望や家族の介護状況への配慮が含まれます。

在宅での介護においては、介護者自身の健康状態も非常に重要です。

介護者が健康でなければ、適切なケアを提供することが難しくなるためです。

看護過程に悩んでいる看護学生さんへ

看護学生にとって、認知症の患者を対象としたゴードンのアセスメントは、特に挑戦的な課題です。

在宅領域での経験が少ない看護学生にはなおさら難しく感じられるかもしれません。

このような状況であれば、看護学生宿題代行サービスのような専門的な指導を受けることを検討するのが良いでしょう。

看護学生宿題代行サービスでは、プロフェッショナルが個別指導を行い、完全なマンツーマンでサポートしています。

より具体的な相談やサポートが必要な場合は、看護学生宿題代行サービスのLINEにアクセスしてください。

そこで専門家からの適切なアドバイスを受けることができます。

マカロン
マカロン

看護学生の皆さん、ゴードン・ヘンダーソン看護過程(紙上事例アセスメント)の課題が山積みで困ってませんか?

当サイトでは、そんな看護学生さんの宿題代行サービスを行っています。

具体的なご利用方法について聞きたかったり、宿題代行を希望される方は、下記のLINEにてご連絡ください。


下記のLINEからご連絡お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました